2011/03/05:【転】14種類のドラフトビールが楽しめるバー【MoonWalker】


マカオの新口岸と呼ばれる地区の海側には、毎日観光客が大勢訪れる観音像があります。
この観音像の前には、夜になると若者や白人の観光客がお酒を飲んだり、バンド演奏や
ショーが行われるバーが並んでいるバーストリートがあります。



今回は、その中の一軒で1997年から営業を開始して、既に13年目というバー
【Moon Walker】を紹介します。



店に入ると、オープンシートがあり、大型プロジェクターでサッカーなどのスポーツ中継を
鑑賞する事が出来ます。

このエリアは屋外ですが、屋根はあるので雨が降っても問題ありません。
なぜ、こんな事を書くのかと言うと、今回の取材をしていた時、いきなり大風が吹き、土砂
降りになったから。30分程で止みましたが・・・。



続いて店の中に入ると左側にはバーテンさんと話しながら好みのカクテルを作ってもらって
楽しめるカウンターがあります。ここの店員さんは基本的に英語はOKなので、自分の好みを
伝えてオリジナルカクテルを作ってもらうのも良いかもしれません。

この日は、新たに考案したという日本酒ベースのライチ味のカクテルを飲ませて頂きました。
甘めですがベタベタとしつこくなく、スッキリと飲めました。
また、バーテンさんの一人が覚えたばかりというテーブルマジックを披露してくれて楽しめました。
これなら一人で行っても退屈する事なく過ごせるでしょう。

夜10時からは店内のステージにバンドが入り、生演奏が楽しめます。
また、週末にはタイ人のダンサーも出演するそうで、盛り上がってくると店内のテーブルやシートを
フロアの端に片付けて、ダンサーと客が一緒に踊って楽しむそうです。

深夜にそんな事したら疲れるんじゃない?とオーナーに聞いたところ、マカオ人の若者は夜通し
遊ぶ際は、仕事が終わって家に帰ってから、一度11時くらいまで寝てから繰り出してくるので
遅い時間でもとにかく元気に騒ぎまくるそうです。



さて、このMoon Walkerのウリと言えば、店内のビールサーバーからグラスに注がれる
世界中から集めた14種類のドラフトビール。オーナーによれば、マカオ内でもこれだけの
種類のドラフトビールが楽しめる店は他にはないそうです。

頂いたメニューによるとMoon Walkerで楽しめるドラフトビールは

・ASAHI(日本)
・ERDINGER(ドイツ)
・LOWENBRAU(ドイツ)
・BECKS(ドイツ)
・GUINNESS DRAUGHT(アイルランド)
・KILKENNY(アイルランド)
・HOEGAARDEN(ベルギー)
・STELLA(ベルギー)
・LEFFE(ベルギー)
・CARLSBERG(デンマーク)
・NOVUS SPARKLING WINE(イタリア)
・KRONENBOURG 1664(フランス)
・BLACKTHORN CIDER(イギリス)
・SAN MIGUEL(フィリピン)


以上14種類です。

お値段はビールによって多少異なりますが、グラス一杯で70MOP前後です。
取材の日はKILKENNYというベルギーのビールを頂きました。



色が日本のビールより濃い茶色で、泡のキメが細かい。
ビールを飲む前に泡を味わうとクリーミー、続いてビールを口に含むと苦味とかすかな甘み
、モルトの風味が濃く感じられ、とても美味しかったです。

一人静かにビールやカクテルを楽しみたい場合は21:00前に、陽気に賑やかな雰囲気を
楽しみたい場合は22:00以降がオススメです。



オーナー夫妻は二人とも上海出身のマカオ人で奥さんは日本語がとても上手です。
日本好きが高じて2か月に1度の割合で、日本の調理専門学校にパンやケーキの作り方を
勉強しに行っていて、将来は自分のベーカリーを開業したいそうです。

更に今年(2011年)に新馬路の入口にある中国銀行の並び(パビリオンの隣)にセクシーダンスが
楽しめるバーをオープンしたそうです。

何とも優雅な生活で羨ましい・・・。


Moon Walker (夜光杯西餐廳)

住所:澳門新口岸新海湾大馬路 帝景苑地下
営業時間 18:00~翌04:00(週末は翌06:00まで)

18:00~21:00はハッピーアワーでアルコール類は30%OFF、ソフトドリンクは50%OFF



マカオのホテルを格安予約!割引ホテル予約
Online予約のホテルクラブ

余計なモザイク一切なし!

卑蜜の花園がパックリ丸見え