No.57 2007/06/22:1年ぶりの香港(本当は澳門)旅行 By Yasu

今回は携帯・サウナ・セナド広場・・・こまめに現地レポートを上げていこうと計画していたがこれが中々難しい・・・。
十八桑拿で書き込みをしてみたもののその後がなかなか続かなかった・・・。
そんなこんなで帰国してしまったので、まとめてご報告させていただきます。

@ 十八桑拿・天河夜総会 編

1日目(6/10)

成田11:00発のキャセイに乗り込み離陸を待つ・・・。
もうそろそろというところで、風雨が強まる(飛行機がメチャメチャ揺れています・・・)だんだん雷の音が大きくなり、雷の光と音が同時に・・・。
友人と「おいおい、数百メートル先に雷が落ちてるよ」「こいつは飛ぶのか?」「俺たち澳門に行けないんじゃねぇの」と不安がつのる。
雷が近場に落ちてから20分後、滑走路を変更して無事に離陸(ホッと一安心)

香港国際空港にはほぼ定刻通り15:00に到着(パイロットよ、良く頑張った!!)

前回の残り200HK$があるので空港では両替せずに、到着ロビーの喫煙所へ。
去年あったはずの空港内の喫煙所がない・・・ 空港施設内禁煙???
仕方なく、バス乗り場へ。
あった!外に出てすすぐに灰皿つきのゴミ箱がありとりあえず一服
バス乗り場の案内板の左後方にあるチケット売り場で港澳碼頭を紙に書いて提示し、40HK$で購入、来た方向に戻ってA11のバス乗り場へ
A11のバスは基本的に3本/1h、行ったばかりのようで20分程度待つ。
1年前はどこで降りたらいいのかよく分からず、尚且つ夜遅かったこともあり、出口の前を陣取っていたが、今回は気持ちに余裕がある!
真っ先に乗り込み2階の先頭の席へ、2階建てのバスからの眺めは・・・。
天気も悪いし、夜景でもなく別にどうって事はなかったがトンネルを通過する時は天井ギリギリでちょっとドキドキ。

30分程度で上環の信徳中心に到着。
目指すは3階の旅行社

@東方旅行社

仙楽都桑拿の自由式(往復のフェリーなし)を1084HK$で購入
「フェリーのチケットはいらないよ!」と店員に告げると「OK!じゃあ200HK$引くよ」
前回は時間&気持ちに余裕がなく“数百$”の無駄をしてしまったが、幸先いいスタート

A捷輝旅遊

ここでは、私のお気に入り天河夜総会の夜龍(ショートチップ込み)を2210HK$で購入
すると、別のクーポン「套票優惠券」(写真)を一緒にもらいました。
店のおっちゃんに英語で「何これは?」とたずねたが「うにゃうにゃ・・・」理解できなかった・・・
(後でママに聞いて内容が判明しました)
別のおっちゃんがフェリーのチケットを持ってきてくれたが、出発まで15分・・・。
まだ、クーポンの購入が終わってないので、30分遅い便に変更してもらう
(イヤな顔せずに交換しに行ってくれた。香港の人はイイ人だ!)

B成功旅行社

十八桑拿の台越式と富都夜総会の子夜を合計2738HK$で購入
(後から考えるとフェリーのチケットはいらないよと言ったがあまり値段が変わっていない???)

必要なクーポンも全て購入できたので、フェリーへGo!
ウトウトしているうちに澳門に到着、気持ちが盛り上がってきました

私は気持ちがすでに十八桑拿に向いていましたが、友人が「とりあえず、ビールとタバコ」というので、新八佰伴で探してみるが、タバコの吸える
場所がない・・・ホテルに行けば何かあるだろうと、十八桑拿が入っている金龍酒店へ。
なぜか入った店は日本料理屋(黒ラベル・枝豆・魚の照り焼き・天ぷらを注文)意外と美味しかった。

【 十八桑拿 】

ビールで気分が盛り上がってきたところで、同じ建物内の十八桑拿へ出撃!
ワンダの桑拿人気投票1位に輝いたお店、期待に股間… いや、胸を膨らませエレベーターに乗り込む
入口の受付でクーポンを渡し、案内されたロッカールームで着替え、シャワーを浴び、湯船につかり10分・・・。

21時、店内に音楽が響き渡る・・・。
(これか!これが噂のヌードダンス&顔見せだな、、、ドキドキ)
あれ???湯船から意外と見づらい
(サウナルームの真正面がちょうど真下でベストポジション?)
ダンス終了と共に私の後ろから小姐がワラワラと出てまいりました
(コレコレ!!! 澳門に来たんだなぁとこの時実感しました)
顔−スタイル−番号とチェック! 扉から出てくる小姐をマジマジと眺めながらチェック!!
出てきた小姐は40人程度・選んでいる(鑑賞?)客が20人くらい
(日曜日のせいか、思っていたより少ない・・・でも争奪戦もない・・・。)
さすが人気No.1に選ばれるだけあって、小姐のレベルは高い、背も高い
(自分は素足・小姐はヒールだからか???)
おっ!13○かわいい・・・12○もなかなか・・・ あれもこれも見ているうちに番号が分からなくなってしまいました。
結局、番号を覚えられず、小姐の前をスッポンポンのままバスタオルを取りに行き、腰に巻いて、今度は自分でWalking
15人目くらいのところで、私の足がピタッと止まってしまいました・・・。
マネージャーを手招きで呼んで、チェックしていた番号とはまったく違う199と伝えるとロッカーキーに金具を付けられて終了。

えっと… 休憩室で待てばいいのかな???
アイスコーヒーを頼んで、タバコを吸って待つが何の音沙汰もない
(友人は既に消えてしまった・・・ どうする?)
男性の店員のそばまで行き、さっき付けられた金具を指差すと、「ちょっとまて」と番号を確認
ソファーで待ってろと指示に従い、座りなおすとすぐに手招きで“おいで・おいで”される
金具を取り外してもらいながら階段を下りていくと・・・。

「いたぁ〜 間違いなく、さっき選んだ女の子」手を繋ぎながら Play Room へ
哈爾濱(ハルピン?)出身の19歳とのこと
88−54−83(推定)ウエストの括れがたまらない・かなり形のいい胸をしている。
マッサージルールのような隣の部屋に移動してマッサージ台の上に仰向けに寝るように言われ寝そべると、全身を丁寧に洗ってくれました。
一回、流した後、小姐がオッパイにボディソープを塗り始めそのまま横から覆いかぶさるように・・・
私の胸を縦断しながらだんだん下へ降りていく・・・。 「柔らかい。コレは偽乳じゃない!」
左右入れ替わって、上〜下へ・・・。 今度は下半身周辺を念入りに・・・。 「こりゃたまらん」
すると、うつ伏せになるよう言われたので素直に体勢を変える。
今度はお尻とアソコで背中〜お尻〜足と丁寧にボディ洗い 「ジョリジョリ・ぷにゅぷにゅと気持ちいい」
洗い流した後、また仰向けになるよう言われるので言われるがままに仰向けになると・・・ 愚息を「パクッ おぉぉ〜」
手の届く範囲に小姐のオッパイがあるのでいたずらしてみる・・・。 「嫌がらないのでOKらしい」
じゃあ Step Up して小姐の下半身へ・・・。 ちょっと遊んでいると暫くして『ダメよ』の合図・・・ 「少しならOKか?」
Bed Room に移動して更なるサービスを受ける
我慢できずに挿入・・・。 数分で終了・・・。 「ちょっと寂しい・・・」
時間まで筆談で簡単な会話をしながら終了

暫く休憩室でマッタリと過ごし、免費の麺(牛肉入り)と豚肉の炒め物をいただく。
豚肉は柔らかく、味付けもいい。麺のスープはちょっと独特だが美味しい・・・。
これで免費なら夕飯として十分いける!
時間も23時になってので顔見せを横目に見つつ退店しました。
あれ?帰りのフェリーの引換券をくれた・・・。

【 天河夜総会 】

24時の入店まで1時間弱あるので金龍酒店〜財神酒店まで脇道にそれたりしながらぶらぶら歩く
途中に明日行く予定の“仙楽都桑拿”も見つけた。
北京街もぶらついた(お声が掛からない・・・。貧乏に見えたのか?)
両替をしていないので、今夜の過夜のチップ手に入れるために財神酒店前の兌換店で2万円=1250HK$
(日曜日のレート 空港=5.92、財神酒店前=6.25)
友人の両替を待っていると、鶏さんが俺の腕に胸を押し付けながら「その両替したお金で行きましょうよ(多分そんなことを言っていたのかな?)」と
初めて誘われました。
しかし、この後、天河夜総会が俺を待っている! 丁重に鶏さんをお断りいたしました。

そして時間もいい頃合なので天河夜総会に突撃しました。
受付でクーポンを渡し、知ってるママはいるか?と聞かれたので、去年お世話になった五月(May)ママをと告げた。
五月ママは日本語OKなので楽チン!
部屋に通されて暫くすると五月ママ登場(肝っ玉かあさんって感じ)「1年前に2人で来たね?いつ澳門に来たの?」
覚えていてくれました!すごく嬉しかったです。
で、信徳中心の旅行社でもらったもう1枚のクーポンを見せて、何か確認しました。
ママ曰く「追加オーダーの飲み物とか300HK$分をそれで払える」との事
まず1回目の顔見せ、7人からそれぞれ1人づつ選ぶ
思梦ちゃん20歳の吉林省出身(美人ではないが、笑顔の可愛らしい子です)
ここでPDA+J・北京の登場
前回に比べると格段にコミュニケーション力が向上しました!

10分後、ママ再登場で別の小姐を見せてもらう、6人連れてきてくれたが、「今日はこれで全員なの・・・。」
去年は20人以上見せてもらったが、やはり日曜日のせいなのか???
婉儿ちゃん19歳の湖南省出身(見た目はさっきよりも上かな・・・)
ただ、なかなか会話が盛り上がらない・・・
また10分程してママ登場
「どっちの子がいいか?」と聞かれたので最初についた、思梦ちゃんを呼び戻してもらうことに
(友人は2回目の子を指名)
それぞれ女の子が戻ってくると、何と2人は友達とのこと(同じ時に出てきたらしい)
以前、BBSにあった管理人さんの決め台詞(?)「乗馬ネタ」を小姐に振ってみたが、理解してもらえず・・・。
友人に付いた小姐が意味を理解したようで説明していたら、親指を立ててOKって感じでした。
サイコロのポーカーのようなゲームをしながら(負けたらビール)全部で2時間くらい遊ばせてもらいました。
「明日は4人で昼飯でも食べに行こう」と約束を取り付けて、いざお部屋!
ママを呼んで精算・・・
ホテルの保証金(?)100×2+追加の青島ビール4本分
(あれ?去年はもっと飲んだけど飲み物の追加料金はなかったと思ったが・・・)
ママが「さっきのクーポンを出しなさい。あれで払えるから」と言うので渡すと「OK」と精算終了
(システムが変更になって金券のようなものをサービスで渡しているのか???)
ママは「もう1枚持ってるでしょ?それで飲めるから、明日はそれで飲みにいらっしゃい」と誘われました。
(翌日は別の用事があったので行けず、確認できませんでしたが、飲みの席に小姐は付くのだろうか?)
最後にママは「ちゃんとサービスしたらチップを1000渡してくださいね、この子達に言っておくから」と
その後、中国語で「・・・・・・」と言っていました。

 

さぁ部屋に移動して早速シャワーを浴びて洗いっこ・・・
小姐にボディ洗いをしてもらい、御礼に全身を洗ってあげました(あの部分だけは、ちょこっと触ったら「Bedに行ってからね」と多分言われた。)
身体をバスタオルで拭いてもらい、2人で歯磨きして(あなたも磨くのか?って反応でした)Bedに移動
軽いKissからネットリKissへ だんだん下へ唇が降りてくるので、左手で応戦
小ぶりな小姐のおっぱいをいじっていると小姐の口が・・・。
それならコッチだって!と思い、小姐のアソコを2箇所攻め・・・
10分ほどの激しい攻防に我慢できない様子を感じ取ったのか(?)愚息にカバーをかけてくれ、寝転がり「頂戴!」のポーズ
あれ?乗馬はどうした???と思いながらも、導かれるままに・・・
1戦終了後、また2人でシャワーを浴び、終身・・・。

明け方(6時頃)なんか俺の下半身がムズムズする
布団の中をみると小姐がもぞもぞ・・・ ペロペロと俺の愚息と戯れている・・・。
そんなやられっぱなしの俺じゃあありません!もちろん応戦です!!
昨晩は手での攻撃一辺倒でしたが、今回は口も最前線で応戦します。
しかし・・・ やはりコチラの方が劣勢に周り、優しき小姐は慈悲を与えてくれました。
またもや、小姐が下です・・・。 こうなったら意地でも乗馬に持ち込んでやる!
正上位〜座位〜乗馬と流れ、乗馬でFinishとなりました。
11時ロビーに集合としていましたので、まだ寝る時間はあります。というわけでもう一眠り・・・。

10時過ぎに起きて、シャワーを浴び、2人で帰り支度をしました。
ママに言われたとおり、既定のチップ1000に50HK$を加えて渡しました。
ホテルのフロントで100HK$返してもらい、リスボアの中国銀行へ両替に今日は買い物もするし、富都夜総会にも行くので、7万ほど両替
(月曜日のレート 中国銀行=6.36、財神酒店前=6.24)

4人でリスボア前からタクシーに乗り込みセナド広場に移動
(どうも、思梦ちゃんは来るのが初めてらしい・・・。)
四川料理のお店「詠藜園」に行く
点心を数種類、棒々鶏、麻婆豆腐、炒飯に青島ビール2本とジュースを注文
出てきたお茶で、皿・器・箸を小姐が洗い、それに料理を取り分けてくれました。
(なんでこんなに甲斐甲斐しく・優しいのだろう・・・。 小姐万歳・澳門万歳!!!)

食事も終わりの頃、今日は何時から仕事?と聞いてみると2時からとのこと・・・。
(えっ?もう12時30分だよ・・・)
じゃあ、出ようと言うことで精算し、帰ることに
すると小姐が「あなた達はこの後どうするのか?」と聞くので、「珠海に買い物に行く」と告げると
セナド広場前でタクシーを捕まえ、運転手に行き先まで指示してくれた。
お礼に小姐達の帰りのタクシー代(30HK$)を握らせて「これで帰りなさい」と告げて分かれる・・・。
タクシーから見えなくなるまで手を振ってくれていた。

A 珠海&仙楽都桑拿・富都夜総会 編

2日目(6/11)

【 珠海でshopping 】

セナド広場前で愛しき小姐に別れを告げ、タクシーで国境へ(小姐がメモに書いて渡してくれた)へ向かう。
ワンダでは最近フェリーで珠海に行くのが流行っている!(?)(出入国にかかる時間が短いから)
でも、私達は初めての中国本土・珠海ということもあり、スタンダードを体験しようと言うことで徒歩で国境を渡ることにしました。

無事、国境に到着
ものすごく待たされたとの噂(?)も聞くし・・・
さぁ、出入国にいったいどれだけ時間がかかるのか・・・。
人の流れに付いて行き、建物内へ、すぐにエスカレーターで上にあがる。誰もエスカレーターを歩いて上がらない・・・。
というよりは、右も左もみんな立ち止まっているので歩くこと自体不可能だが。

☆澳門出国
人自体が少ないということもあるが、サクサク進む。
列に並んで10分程度で通過!

★中国入国
階段を下りて流れに沿って進むと今度は中国側の入管が・・・。(中国という響きがなんだか緊張を誘う・・・)
建物に入り、すぐ右手に入国書類があるのでそれを手に取り、列に並ぶ。(並びながら書きゃいいか!)
旅行者用の窓口は2つ(使用されていない窓口はいっぱいある・・・)
事前に仕入れた書き方の手本に則って記入していく・・・。
中国での滞在先(宿泊先・連絡先)は日帰りだからないので、へきさんに教えていただいた通り“ありそうな名前”のホテル名「珠海酒店」を
でっち上げて書き込む!
約30分ほどで自分の番、特に何もなく30秒くらいでスタンプが押され終了!
意外にもすんなり・・・。月曜日の昼間だとこんなものなのだろうか???

建物を抜け出るとそこは中国「広い・・・。正面の建物がずいぶん遠くに見える・・・さすが中国ただっぴろい」
なんとなく空気が違う気がする(どなたかのレポートにも書いてあったかも・・・)

さぁ、珠海での活動は拱北の地下街でのショッピング!
検査場の建物を出ると目の前に大きな口を広げて待っている・・・。
イミグレを抜けてきた人の大半がそのまま吸い込まれていくようだ・・・もちろん私達も・・・。
下に降りてみるものの、広すぎて分からない、とりあえず腕時計を扱っている店を手当たり次第覘いていくと、ショーケースにあるわあるわ
“パチモノROLEX” でも出来はイマイチ、何店舗か回っているうちに分かりました!

@ショーケースは出来の悪いものを展示している(しかも電池式・・・。)
A“こんなのはいらない”って態度をみせるとアタッシュケースに入ったまともなものが出てくる
 (店のお兄ちゃん曰く「AAAランクよ!」だそうです(ショーケース内はBランクだって))

友人に頼まれていた物も含めて【ROLEX=5本・BVLGARI=1本】纏め買い1500HK$
ちょっと高値で買ってしまったか??? (BBSで越前屋さんの書き込みを見るとROLEX=100元)
電卓の1500の提示に、へきさんから「HK$も使えるよ!」と教えていただいていたので、1500HK$を提示したところそのまま買い物できました。
どこかの書き込みでで、お店で1000HK$を両替したら975元(?)と見かけたのだが、等価で買い物できました。(なんか得した気分)

友人もヴィトンやらフランクミューラー等々を買い込みショッピング終了
これから澳門に戻ります・・・。

★中国出国
入国した際の建物の出口と地下街への階段を挟んで逆側(地下街から階段を昇って左側)から出国です。
出国書類を手に取り、並びながら記入していく・・・。
やっぱり旅行者用の窓口は2つ右側が比較的スピーディーなのでそっちに並ぶ
左側は全く進まない・・・(なにやら偉そうな人を呼んで確認している)
よしよし、右はいい感じですすむぞと20分ほど並んであと5人くらいのところで急に進まなくなった。
やはり偉そうな人を呼んで、何やら話し込んでいる・・・
10分ほど経過して、その人は待たされたまま次の人のパスポートチェックを始める・・・
またまた偉そうな人を呼んだ・・・
そしてその次の人も同様に・・・
そして、その4人の人達(左=1人、右=3人)はその先の警備員(?)のいる椅子に座らされた・・・。
この後、私も含め一人当たり2〜3分程度で通過(並び始めてから60分で通過)

さて、警備員(?)のいる椅子に座らされた、時間の掛かった人たちにある共通点が・・・
見た感じ、皆さん中東〜アフリカ辺りの方々のようでした。
もしかしたら、多少列が長くてもそちらの方々がいない(少ない)列に並んだ方が早く抜けられるのではないかと思いました。

☆澳門入国
澳門への入国書類はへきさんからのアドバイス通り記入済みのものを用意していたのでまっすぐ列に向かう。
ここでも旅行者用の窓口は2つだが、中国側とは違う対応・・・ 他の優先レーンでも人がいなければ次に待っている人を係りの人が案内してくれて
どんどん列が進んでいく。
ものの10分で澳門へ再入国・・・2人揃って「帰ってきたぁ〜!」

【 葡京酒店・回遊魚観賞 】

次に目指すは“葡京酒店”
近くから各ホテル(カジノ)に行く無料バスがあることを思い出し、建物を出て右前方へ歩いていくと(ゆっくり歩いて5分)いろいろなホテル行きの
バスがある。
サンズなど看板が出ている・・・ リスボアを探すが看板が見当たらない・・・。
ターミナルをグルッと右に回っていくと、看板もなくバスが停まっていてそのまま乗れた!!!
乗っていれば、ニューリスボアの目の前に着く。
前回は建設中でこんな“きらびやかな玉葱”があるなんて知らなかった・・・。 おもわず見上げて写真撮影。

 

今回のリスボアのお目当てはカジノではなく、回遊魚さん
なぜなら、去年訪れた時はGFと1Fを勘違いして観賞することが出来ず、帰ってきてからBBSでフロアが違うことをkatuoさんに細かく教えていただいた。
「来年こそは、観賞するんだ!」の念願を叶えるべく、katuoさんの【世界の遊び場(wiki)】からGetしたリスボアGF地図を手に、乗り込んでいきました。
大きな(左右に開いた)階段の右側の通路を進み、最初の路地を曲がり、ガラス扉を抜けた向こう!
あった!ガラスで囲まれた、レストラン&喫茶店・・・
ぐる〜っと1周、自分で回遊した後に、喫茶店の方に入る・・・。
ちょっと離れた場所から観賞していると、回遊魚さんの人数は15人くらいか。
3人メチャメチャ綺麗な回遊魚さんがいる・・・。(ヤバイのも2人いる・・・)
友人と「こんなにレベルが高いんだ… すごいね!」とビールを片手に観賞を続けていると、離れているこっちのガラスの目の前までやってきてニコっと
微笑みかけてきた。
(今回は、釣り上げる予定はないので)思わず目を逸らしてしまった・・・
また数分後、彼女が携帯電話で話しながらやってくる・・・。 目を合わすことが出来ない・・・
なんだかんだで、1時間ほど観賞した後、喫茶店を出て、グルッと1周・・・ 代わる代わる回遊魚さんたちが付いて来るが、丁重にお断りしつつ
あるお方がジュースを購入したジューススタンドを見学し、リスボアを後にしました。

☆★katuoさん! やりました!前回とっておいた楽しみ(回遊魚観賞)を堪能してきました!!!★☆

【 仙楽都桑拿 】

さぁ、この後も予定が詰まっていますので、18時に仙楽都桑拿へ入店。
他の桑拿同様にロッカーに荷物と着替えを入れて浴室へ
います!います!ビキニの小姐が4人(浴槽には誰も入っていません・・・)
これはチャンス!!!と浴槽にはいると、トップレスになった小姐が入ってきました・・・。(きたきた!これだな美女プール)
何か話しかけられ、何を言ってるの?って顔をしていたら・・・ あれれ、後から入ってきたお客の方に行ってしまった・・・。
友人はわけも分からずもう1人の小姐から肩〜腕〜太ももとマッサージをされていました・・・
(そうか、別に何気ない顔して、受け入れればよかったのだ・・・ 失敗した・・・。)
他に2人いた小姐は浴槽の縁に座り込んでテレビに夢中、こちらに来る様子もない(おまえら!俺の相手をしてください・・・)
そうこうするうちに、友人はいちゃいちゃ、オッパイを触りだし、「じゃあ」と一言を残して休憩室に小姐と2人で消えていきました。
浴槽に取り残された私は、しばらくお湯に浸かっていたものの小姐は誰も来てくれず寂しいので休憩室に行くことにしました。

休憩室に行くと友人は予定通り、小姐とソファーでいちゃいちゃしています・・・
とっても楽しそうです・・・。
私は飲み物をもらい、タバコを吸いながらボーっとしていると、男性店員が仕切りの壁越しに「女の子を並べるか?」と言われたので素直にお願いする。
(この時、心にゆとりがありませんでした・・・)
すると3分後に店員を先頭にワラワラとやってきます。
最初14人・・・ 小走りで3人・・・ またまた3人・・・総勢20名が私の前に。店員の掛け声と共に小姐がいっせいに挨拶、壮観だ。
しかし、20人の目が一斉に俺に集まる・・・。
かなり、恥ずかしい・・・ 右から左、左から右と眺めるが、やっぱり恥ずかしい。
そのなかで、美人系・巨乳・ウエストくびれの女の子を指名、すぐにソファーで添い寝です(やっと仙楽都桑拿の売りであるいちゃいちゃタイムに突入)
目の前に他のお客さんもいますが“そんなことは気にしちゃいけない”と自分に言い聞かせ、小姐が私の胸をサワサワすればお返しに私もサワサワ・・・
どうも、いちゃいちゃタイムの時間は決まっていないのか、友人は40分くらい、私は10分くらいでした・・・。

小姐に連れられて、PlayRoomへ
ここはマッサージ台のようなものはなく、部屋の隅に小さなシャワールームがあるだけ。
身体を洗ってもらった後、ベッドに仰向けに寝るように言われる。
仰向けに寝ると、パウダーを振り掛けられて、オッパイマッサージ。これまた本物の巨乳だ!!!
うつ伏せになって同じく簡単に肩を揉み解されオッパイ・パウダーマッサージ・・・
再度、仰向けになると、小姐が気になる物を準備始めた・・・
今まで一度も体験したことのない“アイス&ファイヤー”だ。(皆さんの書き込みで存在は知っていたが・・・)
リステリンを口に含んで、ニュル・ちゅぷちゅぷ
今度はお湯を口に含んで・・・吐き出した・・・ ん?熱かったみたいだ・・・
氷を何個か入れて冷ましたお湯を口に含んで、ニュル・ちゅぷちゅぷ
「おぉぉ〜コレが噂の・・・ これはいいぞ!!!」
“リステリン→お湯”を4回繰り返した後、ゴムを付け替えました。
普通に舐め舐めされたので、左手を小姐の巨乳に伸ばすも、迎撃されあえなく左手は墜落・・・。
そのまま小姐は私の上にまたがりゆっくり挿入・・・。
下から両手を小姐の巨乳に伸ばすと、今度は受け入れてくれたので優しく・・・。(やっぱり本物はイイと思いつつ)
先っちょを指で挟みながらオッパイ全体を堪能しました・・・。
小姐の腰の動きが早くなり、我慢できずに撃沈いたしました・・・
(昨日、澳門入りして4発目・・・)ゴムの中身を指差して、小姐から英語で一言「little」
もう、苦笑いするしかありません「えへへ・・・。」

まだ時間はあるようなので、簡単な英語でコミュニケーション
吉林省出身の20歳・2週間に1度澳門の外へ(ちょうど明日がその日らしい)・11時〜23時までの12時間勤務・今日はとっても暇・使っている部屋の
向かい側は小姐達の休憩室(だからワイワイ声が聞こえるのか=うるさそうな顔をしている)
時間になったのでシャワーで洗ってもらい、2人で休憩室へ。ソファーでタオルをかけてもらってさようなら・・・。

さて、この後は澳門finaleを飾る「富都夜総会」が待っているが23時から、現在20時なので2時間くらいまったりすることにした。
とりあえず飯でも食っとくか(友人は既に仙楽都桑拿で2回目の食事)ってことで“肉絲炒麺”を指差して注文。
ちなみに“肉絲炒麺”←を勝手に肉の入った炒飯と勘違いしていた・・・。 出てきた時「あれ?麺類だ・・・」と思ってしまった。
しかし、コレが大正解! すっごく美味しい!!
飯を食ってる最中に辺りが少し暗くなり、音楽が流れ始めた。
小姐が店内を練り歩いている・・・ 知らなかった、こんなアプローチタイムもあったんだ・・・

食い終わった頃に、またまた男性店員が「そろそろマッサージはどうだ?」と聞かれたので「よし!頼む!」
マッサージルームに案内され、現れたのは太っちょオバチャン。
このオバチャンは日本語ペラペラ、5年前に結婚した旦那が日本人だとか、マッサージ中ずっと喋ってる・・・ 45分間ずっとだ・・・。
まぁ、体はほぐれたからよしとするか。
最後にひとっ風呂浴びて、22時に退店

【 富都夜総会 】

ちょっと時間があるので仙楽都桑拿〜富都夜総会の中間地点にある、鼎泰豊で一杯やっていくことに。
小龍包・海老入り蒸し餃子・鶏のスープに青島ビールを注文し、最後の夜の健闘をお互い祈る。
鶏のスープは水炊きみたいに味が薄いが、疲れた体に優しい感じがしてなかなかいい。飲茶も美味しい。
帰りがけに店員のおばちゃんから「美味しかったか?」と突然の日本語・・・おっちゃん(お兄ちゃん?)から「また来てね」と日本語
こちらも日本語で「美味しかった。ごちそうさま。」

さぁ、旅の最後を飾るのは富都夜総会(こっちは友人のお気に入り)
入口で皆さんから歓迎を受けて、クーポンを渡す。
部屋に案内される途中で「知ってるマネージャーはいるか?」と確認されたので、前回マネージャー(ママ?)からいただいた名刺を提示する。
名刺の名前は「TERENCE LEONG」案内係の子が「???」って顔してる・・・
部屋に通されたがなかなか誰も現れない・・・
しばらくすると、スティーブン(STEPHEN CHAN)と名乗るマネージャーが現れ「レオンは今、旅行に行っていていないので今日は私が・・・」
ん〜〜案内係やスティーブンの態度がちょっと変だが、スティーブンは日本語ペラペラなので問題ない。
1回目の顔見せは8人
お互い、2人づつ選び両側に座ってもらう。
上海出身の晄愛(シャオアイ)19歳と福建省出身のTina22歳 の2人
なんとTinaはちょっとではあるが日本語が喋れる。英語は結構喋れる。
晄愛にも通訳して会話に加えてくれる。優しい子だ!
しかもベタ〜とまとわり付いてくる(もちろん嫌じゃない!嬉しい!!)
10分ほどでマネージャー再登場
「気に入った子はいたか?2人残してもいいし、変えてもいいよ」とおっしゃるので、「Tinaはkeepで、もう1人見せて(友人は2人チェンジ)」
今度も8人連れてきてくれた。
もう1人選んだのは真珍ちゃん20歳 四川省は成都の出身
なぜかそこから三国志のお話で盛り上がっていた・・・
またまた10分後にマネージャーが「どうですか?気に入りましたか?」とおっしゃるので、「Tinaで決定」と告げる。
友人も気に入ったのか1人に決めたらしい。
戻ってきたTinaをよく見てみると、坂下千里子を優しくした感じのかわいこちゃん。

ここからは1対1の密着タイムのスタートでした。
Tinaは何で日本語をちょっと知ってるのかたずねると「3年前にシンガポールいたから」(←なんでシンガポールで日本語? まぁいいか・・・)
Tinaは日本が好きらしい。日本の花が綺麗だからだ。「私、日本の桜が好きなの 見に行きたいわ」だって
日本人は好きか?と聞いてみると「分からないから、あなたが教えて」だって・・・
さぁ、ここから大変!!!
何かある度に、kissをおねだりしてくる・・・。
そして、柔らかいおっぱいを腕に押し付けてくる・・・。  (もちろん両方とも素直に受け入れます)

彼女がトイレに行くというので、部屋にあるPCでワンダに接続してみた。
昼間見てきたリスボアの回遊魚の状況だけでも報告しておこうかなと思い、書き込みを始めた時に彼女が帰ってきた。
すると彼女は後ろから抱き付いてきて・・・
ホッペにチュ!
耳にチュ!くちゅくちゅ
大きく開いたタンクトップの隙間から手を入れてきて、俺の乳首をスリスリ・・・。
私は右手でキーボードを何とか叩きつつ、左手を彼女の下半身に・・・
彼女の蜜壷が湿っているのがパンティの上からでも指に伝わってくる・・・。
すると彼女は左手で乳首、右手で愚息にいたずらを始めるではないですか・・・
この部屋でこんなに乱れていいものか?なんて冷静に思うわけもなく、彼女のパンティをちょっとズラして蜜壷を直接触らせてもらいました。
彼女の吐息も激しくなってきたので、もう私も我慢が出来ません・・・。
マネージャーを呼んで、部屋に移動することにしました。
彼女を待ってる間に「チップは2000(過夜)でチェックアウトは12時」と確認し、戻ってきた彼女らと部屋に移動しました。

荷物を置いて携帯を充電器に挿している間に彼女は脱いでおり、私の正面から服を脱がしてくれました。
しゃがんでパンツを脱がす時には、愚息に“チュッ”立ち上がった彼女を抱き締め、体を密着させながら激しいkiss・・・
彼女が「シャワーを浴びてきて」と言う・・・(えぇっ!洗ってくれないの?)
ダメもとで彼女に「一緒じゃないの?」と聞いてみると「一緒だよ!」と背中を押されてバスルームに
お互いの体を洗いっこ、ヌルヌルの体を密着させて・・・ あぁ気持ちいいいねぇ〜

ベッドに移って1回戦
激しい攻防を繰り広げ、彼女のお豆を舌で・・・。蜜壷を2本の指で・・・。
すると彼女はものすごくイヤラシイ口調で「Give Me・・・」とおねだりされたので、愚息に帽子をかぶせてもらいました。
すると彼女は私を押し倒し、馬乗りになって・・・。
「おぉぉ・・・。」(たぶん私はこんな声を出していたと・・・)
福建省は“騎馬民族だった”のかと思わせるくらいの騎乗ぶり。
いつもなら、そこから座位→正上位→・・・。と変えるところが「このままがイイ」と思ってしまいました。
そのまま、完封負けをくらい、丁寧にきれいにしてもらい、2人で軽くシャワー、眠りにつきました・・・。

数時間ほど寝て目を覚まし、彼女を見ると“ニコッ”と微笑みます。(かわいい!!!)
思わず抱き締めkissをすると2回戦に突入です。
今回は彼女に主導権を渡します(いや、ずっと主導権を握られっぱなしです・・・。)
またもや騎乗されましたが、今度は責めます!
下から攻め、正上位に移行して、ゆっくり深く愛し合いました。
彼女から「I Love You」この言葉は嬉しかった・・・

10時にチェックアウトしてロビーで友人と待ち合わせ、徒歩でフェリーターミナルに向かいました。
結局、3枚分の帰りのフェリーチケット引換券を持っている。
マネージャーにもらった名刺に成功旅行社カウンターの案内図があるので探すが見当たらない・・・
入口付近の警備員に聞くも「???」するとおっさんが1人近づいてきて「どうした?(みたいなこと)」を言っている。
そのおっさんは日本語で「これはあっちの右奥にあるよ」教えてくれた。
「ありがとうございます」とお礼を述べて行くとカウンターがありました。
そこで“回力と判の押された紙”“十八の半券”“富都の半券”を出すと、「200HK$の返金か?」と聞かれたので、「Yes!」
すると、200HK$渡されて、“回力”の紙を返され「その階段を上に上がって左にあるカウンターに出せ」と言われたので階段を上がっていき
おばちゃんに差し出すと、フェリーのチケットに交換してくれました。

名残惜しいのですが、澳門とさよならです。
上環のフェリーターミナルに着き、katuoさんのwikiからプリントアウトしてきた案内図をもとに香港駅に向かい、そこからエアポートエクスプレス
(初体験)で空港に向かいました。

☆★katuoさんありがとうございます。迷うことなく駅にたどり着きました★☆

管理人さん・katuoさん・へきさん・皆さん
ありがとうございました。
今年も皆さんの助言やレポート・ワンダの情報に世界の遊び場の情報で、ワクワク・ドキドキ2泊6発の旅を無事、堪能することが出来ました。
皆さんには本当に感謝です。
ありがとうございました。

*管理人より
長編レポートありがとうございました。 今度は写真をたくさん撮ってきてくださいね。
しかし、富都のマネージャーSTEPHEN CHANとは・・・。
中国城のMARK氏、金龍のFAT氏(元トノジー)と共に香港、シンセン、マカオ夜の歩き方で紹介されている日本語が出来るマネージャーですね。