No.4 マカオ滞在記 フォーーーーーッ! by ED

初日
いつものようにNH175便で香港入り、ペニンシュラでチョコとXOジャンを、チムサーチョイの
ジョルダーノでTシャツを香港土産(←ここ重要、あくまでも香港土産)に購入。
17時30分、上湾フェリーターミナルで香港在住のKちゃんと合流。


写真1:マカオフェリーターミナルの代理店

旅行社で十八サウナのチケットを$1420でゲット。同時に打令1も買おうとしましたが店主の話
によるとフェリー代金はサウナ、浴室、夜総会側の負担のお店と旅行社側の負担の両方があるよ
うで、旅行社側の負担ならオマケもできるのだが・・・なんて事でした。旅行社ごとに取り扱いが
違うのかも知れません。で、結局十八サウナだけの購入となりました。あと旅行社で聞けたのは
新しいサウナがマンダリンホテル近くにできたことです。
なんでもサウナの中をゴルフ用のカートで移動するくらいでかいとの事でした。
(管理人注:豪門桑拿の事かな?)


写真3:カジノ・リスボア

19時にマカオ入り。(夜のリスボア 写真2)結構涼しく昼間以外は上着が必要なほどで短パンは無理
でした。金曜の夜だったので早めに入店したかったのですが、チェックイン後、ホテル内の広東料理?の
店(ピザハット近くのエレベーターで2Fか3Fへ上る)であまり美味しくないメシを食ってから結局22時頃
の入店となりました。十八(写真3)は初めての入店でしたが、ちょうど小姐がクルクル回って顔見せする
時間で、その結構いけてるクオリティに下半身も緊張ぎみでした。とりあえずシャワーで汗を流ししばらく
奥でくつろいでいるとコーラを持って来てくれた小姐が次の顔見せが始まる事を教えてくれました。


写真3:金龍酒店に隣接する金龍娯楽場

中二階のガラスばりの張り出しで3人の小姐のスッポンポン踊りが終わると100人ほどの小姐の登場で
す。やはり金曜日ということでお客も多く気にいった小姐がいたら迷わずすぐに男性店員にナンバーを言
わなければなりません。小姐の中でもモデルクラスは「明星」とナンバー札の上に書いてあります。
もちろん追加料金を支払えば問題ありません。やっぱしモデルクラスは均整が取れてきれいです。
ちょっとこっちが引くくらいのレベルです。
ナンバーを告げると手首のキーに金属の輪?をはめてくれます。これがまだ済んでない証みたいです。
パソコンの並んだ場所のちょい奥の下へ降りる階段の先がプレイスペースです。
選んだのは100番の小柄でよく笑うオヘソの下にタトゥを入れた台湾小姐(でもたぶん中国人だと思う)
と60分遊んで24時ごろリスボアに戻りました。十八サウナの印象は新しいだけに設備もキレイ、小姐
も揃っている、小姐の躾けもそこそこ、とかなり良いものでした。

リスボアに戻りカジノで3時間粘った後Kちゃんは香港へ帰りました。自分の部屋に戻る途中、ガラス張
りの茶店横で適当に1匹をお持ち帰りしましたが、こいつが部屋から友達に電話すると、ものの30秒程
でもう1匹がやって来てあっと言う間に3Pになってしまいました。普段なら非常に美味しい場面ですが
、マカオではあたりまえ。2匹にチクビを攻めさせたりしましたが先ほどメインデッシュを食ってますので
20分ほど適当に遊んで$500*2を支払いサイナラです。


写真4:建築中のニューリスボア

2日目
朝になりましたがほとんど寝てません。7時過ぎに散歩に出かけ1時間ほど歩いた後「かゆ屋」に入って
朝飯です。途中でマックにも入りましたがHK$が使えないとの事であきらめました。リスボアの隣には
新葡京が建設中で(写真4 朝の新葡京)「またゴッツイのん造ってんなぁ」って感じです。来年には完
成とかドアマンが言ってました。リスボアに戻りまた回遊魚を1匹釣り上げましたが、これも可も無く不
可も無くの程度のモノでしたが、オネオネと遊んだベットでその姐と一緒に昼ごろまで熟睡。時間が長く
なったので$1000を請求されました。(でもオマエも寝てただろ!)


写真5:回力娯楽場(打令1、中国城夜総会、皇朝会が入っている)

この日は回力ビルの打令1(写真5)に行くつもりだったので、カジノで遊んでから夕食は向かいの
ヤオハンの中の中華屋でとりました。
ここの料理は結構いけますし値段も高くはありません。1人=$80ぐらいの予算でOKです。

久しぶりの打令1です。モデルクラスは7〜8名、一般クラスはタイ、ベトナム、台湾がそれぞれ10名
程度おりました。値段は相変わらず$1380だったと思います。
でも去年の今頃に比べて10%は¥$レートが悪くなってますので支払は米$でしました。
昨日は十八サウナが新鮮で「マカオで1番やな」って思っておりましたが、さすが打令!良い意味で
私の思いを裏切ってくれました。
店では177番、また台湾人の小姐を選択したのですが、これが最高!
ルックスはほどほどなんですが、おしりがキュッとしててウエストもも折れるほどのナイスバデーおまけに
サービス満点、さらにアソコがめちゃめちゃキツキツで年甲斐も無く狂ったように腰をフリフリしました。
事が終わって息子を見るとなんと根元でアレが輪ゴム状態!キモチ良かったのは当然で、生○出しし
ちゃいました。
小姐は必死こいてシャワーでかき出してましたが、そんなんで良いのか?
こっちも悪いと思い謝ると「気にしないで」と言ってくれて良かったです。
ゴムは男性従業員が買ってくるようですがマレーシア製でしたから気になさる方は持参された方が良い
でしょう。フォーーーーーッ! ウオ シーファン ダレイ シャウチェ!って感じです。

ここでまたKちゃん登場。どこのお店でもマネージャークラスは広東語とナマリの強い英語のみ話せるっ
て人が多いので香港在住10年以上のKちゃんがいてくれて交渉時に非常に助かります。
一方、小姐と二人だけでおしゃべりする時は北京語なので(タイ人なら英語が多少OK)ちょっと勉強し
てからの方がより楽しい時間が持てます。

次は至尊サウナのあるホテルの天河夜総会に出向きました。Kちゃんがマネージャーと交渉、$450で
30分間、飲み物1杯、横に座らせた小姐に$200?チップ、連れ出しショートで$1000だったかとにかく
総額で$2000に近い数字を言われました。初めての店で初めてのマネージャー、チケット無し、入店時
間悪しでこの値段になったとは思いますが高すぎます。すぐに退店しました。


写真6:打令浴室2

この後、打令2(写真6)に見学に行きました。山を越えた所、ホテル街とは反対側に位置する打令2は
あまり人通りのない場所にポツンとある感じです。冷やかしで入店すると小姐が30人あまりおりました
が、内容は打令1の2軍って感じです。値段は90分で2P=$988、3P=1388、4P=1788?だった
と思います。初めから3Pや4Pの値段が書いてあるのがスゴイです。まあ、2軍と言えども人によって
見方が違いますから打令1と同じ値段で3Pはお徳かも知れません。
リスボア内の新富士浴室も覗きましたが、こちらは小姐20名ほど、値段は打令より少し安めの設定でし
た。もちろん身が持たないのでスルーしました。


写真7:ホリデーインの前から財神酒店側を望む

 
写真8:新富士浴室/写真9:南光百貨

3日目
午前中から真面目なマッサージのために至尊サウナ(写真7:中央の看板、奥はリスボア)へ行きました。
おばちゃんに90分しっかり上海式マッサージしてもらいちょっと復活です。
店内で免費のメシを食ってパソコン(十八には5台、打令1には1台、至尊には2台)でメールチェック
をしている間に何度か小姐の一団がそばを通りましたが、時間が早いので5名ほどしかいないようでした。
選択肢が少ないのでここもパス。オアイソは確か$390ぐらいだった気がします。リスボアの新富士浴
室側(写真8)からフェリーターミナル方面に歩いて1分ぐらいなので使いやすいです。また、リスボア
の中に在った健康サウナはカジノに変身(富城?夜総会もカジノになったようです)してました。
そう言えばリスボアの中に「古里 FURUSATO」って日本料理がありましたね。
あれも無くなってますね・・・余談でした。写真7からもう少し奥(フェリーターミナル側)へ行くとスーパー
(写真9)があります。7−11とかは飲み物ぐらいしか調達できませんがココは結構そろってました。

帰ってガラス張りの茶店でオレンジジュースを飲んでいるとあまり好みでない回遊魚からのお誘い。
そいつを無視してその横で「肉入り汁ごはん」みたいなのを食ってる炉利チックな小姐に声を掛けると、
出たよ!16歳!(写真10)。でも16歳に見えないのよね。どー見ても中○生。身長140センチぐらい
ルックスもチャイナドールって感じでかなりの美形。いいのかな〜って思いながら$500で試食。
おチチはふくらみかけ、おケケもチョロチョロ(ワキ毛もうっすらナチュラル)でも結構いい声で鳴くん
だなこれが(かなり演技が入ってると思われるが)。バコバコに痛めつけるのはなんだかカワイそうにな
ってすぐに終了してあげました。文句どころか何も喋らないのでお客のいいなりみたい。ちゃんと500
$づつ貰っているのか心配になったぐらいです。


写真11:ポルトガル料理店

夕方になってKちゃんと合流、サンズカジノ近くの裏通りのポルトガル料理店(写真11)へ。有名なの
か周りの店は静まりかえっているのにココだけ繁盛してました。食べきれないほど注文して色んな料理を
試食しましたが、味は中の上、値段は1人=$80ぐらいでした。
また行ってもいいなぁと思える店でした。もしかしたら有名なのかも。

夜はこの日も打令1、先ほどのメシ屋から回力方面へ歩いて5分ほど。お詫びの気持ちもあって昨日の
小姐を再度指名して「昨日はゴメンな」とか少しお話タイム。
今日は持参した日本製の帽子でちょこっとハメハメを。小姐もお汁タラタラで「キモチイー」
(なぜかココだけ日本語)を連発。途中、恥ずかしそうに自分でテッシュでフキフキしてました。
こちらが最後まで行く気が無かったので時間が余ってしまいましたが小姐は自分の携帯の普段の彼女が
写っっている写真を見せてくれたりして楽しくおしゃべりをしました。
冗談で「あなたが2006年にマカオにくる時はハイズ(子供)と待っているから」とか、こちらが半分
も理解できなくても言葉を捜して話をしてくれる小姐には好感が持てます。

えーっと、長くなっちゃいましてすみません。今回のマカオはこれで打ち止めにしました。
帰りはNH176便、香港空港15時すぎの便です。11時ごろマカオを出発、空港直のフェリーもあり
ますが「飲茶食いたい」って気になって九龍行きにしました。昼飯の後13時半ごろまでブラブラして空
港までタクシー(400$ほど取られました)で移動。空港でまた土産を物色の後、帰路につきました。

私の場合マカオに着くまではフェリー代とかレートの事ばかり気になってたんですが、マカオに着いちゃ
いますとカジノで$1000勝ち、$2000負けなんてアッという間ですからチケット差額とか両替レ
ートとか気にならなくなっちゃいます。
3泊トータルでお遊び代は役$7000、日本円で12万ぐらいですかね。
とにかくマカオに行くとアホになります。普段のモードに戻るのが大変なので気をつけて遊んでください。
今回、香港在住のKちゃんに度々お世話になりましたが、マカオの風俗は殆んどがオートマチックでボラ
れた経験もありません。病気とアホになる事に注意して充電しに行きましょう。
余談になりますがお友達と香港マカオに行くときはGSM携帯を手に入れるべきだと思います。
カジノやお遊びで寝たり起きたりする時間が全員バラバラ、連れの行動が掴めなくなりますから。マカオ
のフェリーターミナルなどでプリペイカードも購入できますし、通話料金も驚くほど安いので一考の価値
ありです。(管理人注:マカオのフェリーターミナルにはCTM、smartone、ハチソンのプリペイドSIMの
自動販売機があります)


Discount Hotel Reservation