No.28 【掲F】マカオ初体験 By えのまん

以前よりマカオは凄いと聞いていたため、ここサイトで下調べし、友人と2人で行って来ました。

●1日目 2006/9/22(金)

18:30成田発のノースウェスト便にて香港へ向かおうとしましたが、出発が遅れ、19:10発となる。
飛行機の中で、ラベンダーという名前のスチュワーデスがとてもかわいくこんな女がマカオの風俗には普通に
いるのだろうかとわくわくする。
23:10頃香港国際空港に到着。

日本や香港国際空港で両替するとレートが不利という話だったので、とりあえず1万円を両替しエア
ポートエクスプレスの往復チケット(空港⇔香港)を180HK$で購入し、手元に400HK$ちょっと残りました。
香港駅から徒歩で中環駅まで7分ほど歩いて地下鉄で上環駅まで行き、上環駅からフェリーターミナルまで道に
迷いながら徒歩で到着。

24:45頃、成功旅行社にて、ダーリン1とエンペラーサウナのクーポンを購入。
(エンペラーサウナは往復フェリーチケットがいらないので、100HK$割引してもらったはずが後で計算すると
割り引かれていないような気がした)
両替商は既に閉まっているらしかったので、クレジットカードで支払いを行い、カード手数料を50HK$ほど支払い
合計2778HK$を払う。

25:30香港発のフェリーターミナルに乗り、26:30にマカオ着。
徒歩にてダーリン1を目指し、26:55頃ダーリン1に到着。
時間が遅かったため既にモデルクラスは居なかった(モデルは26:00までというのを後で知る)がタイ人10人
ベトナム人10人くらいがひな壇から熱い眼差しを送って来るため、少し恥ずかしくなりました。
(タイ人・ベトナム人は色黒なイメージでしたが、みんな色白でした)

モデルクラスでない小姐でも日本の高級ヘルスより格段にレベルが高かったです。
待合室には、自分達以外に2〜3人しか居ませんでした。
結局、矢吹春奈似のタイ人を指名し、小姐とソープスタイルの個室に入室。
こちらは、大学で第二外国語として北京語を勉強したもののほとんど喋れないので、英語でコミュニケーションを取る。

2回戦の場合は、プラス500HK$のチップが必要と言われましたが、手持ちが400HK$ちょっとしかなく、小姐に
1万円でもOKと言われ、渋々1万円(650HK$相当)をチップとして払いました。
プレイ内容は、シャワー→1回戦→タイマッサージ→浴槽プレイ→2回戦→タイマッサージ→シャワーという感じでした。
チップを多めに払ったためか、プレイ後、お腹すいてる?うどんが好きなのか?飯を一緒に食いに行かないかみたいな
ことを言われたような気がしますが、お互い英語がそれほど得意ではなかったため、意思の疎通がうまくいかず
舌打ちをされ、「もういい」と言われてしまいました。

初日はホテルの予約を取っていなかったので、ダーリン1の空いてる個室にて朝まで睡眠を取りました。
(AM10:00までOKらしいです)掛け布団が用意されていましたが、部屋の電気が付かないようにされていたのと、廊下
が少しうるさかったせいであまり快適ではありませんでした。
とはいえ、タダなのでホテル代を払うより全然よかったです。(成功旅行社の人は寝るならエンペラーサウナのほうが
いいと言っていたが、時間も時間なので、フェリー乗り場に近い「ダーリン1」に最初に行きました。)

●2日目 2006/9/23(土)

朝、ダーリン1を出発し、リスボアのチェックインが14:00だったので、フェリー乗場からどでかく目立つサンズホテルの
カジノを見学後、リスボアのコンシェルジェに、今日宿泊する旨を告げて荷物を預けてセナド広場などを観光し、リスボア
にチェックイン。(移動はすべて徒歩)
チェックイン直前にコンシェルジェに荷物を取りに行ったら、まだチェックインしてないから100HK$
(10HK$だったかも)払えと言われましたが、駄々をこねて、支払いませんでした。

チェックイン後、リスボア内をウロウロしている回遊魚を買いに行きました。
15人ほどの回遊魚が見当たりました。(ここも見た目のレベルは相当高い)
物色の末、小柄の中国人を800HK$(12000円円相当)で持ち帰り。
(持ち帰り後、英語がまったく分からない娘と判明)
「ニー シー ピャオリャン(あなたはかわいい)」と褒めると、「ニー ブーシー ピャオリャン(お前はかわいくない)」と言われ
(確かにそのとおりだが)気分を少し害しました。

シャワーを一緒に浴びている時になぜかひげを剃れと言われ、ひげを剃りました。
(なんでだろう。無精ひげが生えていたので気を利かせたのか??)

プレイ内容は日本のちょんの間レベルで(最近、行ってないが)川崎の堀の内のちょんの間は1万円なので、そちらの
ほうがコストパフォーマンスは高いです。
(部屋はリスボアの客室で、シャワーも浴びるので高級感や清潔感はまったく違いますけど)プレイ終了後、部屋に戻る。
友人も回遊魚プレイが終わったらしく、部屋に戻ってましたが、話を聞くと交渉の末、700HK$でプレイしたと聞く。

しばらく、部屋で休憩後、18:00頃エンペラーサウナ(リスボアから歩いて5分くらいの帝豪酒店内)へ
向かう。(友人はダーリン1のクーポンしか購入しなかったため、単独で突入)

入店後、浴室に入るとジャパニーズスタイルマッサージ(スケベ椅子洗い)はどうかと誘われるが、25分で250HK$
くらいかかるので、自分で体を洗うと告げる。
他にもアカスリはどうかとかいろいろ誘われたが、すべて無視。(他のスレッドにクーポン持っているとジャパニーズ
スタイルはタダという情報も見ましたが本当なんでしょうか??)

シャワーを浴びて、浴槽に使った後、サウナに入っていると、ダンスミュージックが流れ出し、ショータイムが開始。
(確か18:30くらい)

3〜4人の小姐がお立ち台で踊りだし、最終的に全裸となり、そのショーが終わると、80人くらいの小姐(うち金髪は
3人)が浴槽の廻りを行進しだし、またしても熱いまなざしを送ってくる。
浴槽の周辺にいる客は自分を含め、8人くらいでした。

一番よさそうな小姐の番号(166番)を黒服に伝えると、モデルクラスはプラス500HK$必要と言われ
フェリー代なしのクーポンが確か1348HK$くらいだったので、合計1848HK$くらいとなるがOKする。
(モデルでなくても日本の風俗よりレベルは全然高い)

指名後、休憩室に行き免費メニューを食しながら待機していたが、別の場所に待機していなければいけなかったことが
判明、慌ててプレイルームに行く。(結果的にプレイ時間が短くなることに)
さきほど指名したモデルクラスがニコニコして、お出迎えしてくれる。
英語はOKかと聞くと、「スモール」とニコっと回答。(ニコっとすると顔が内田恭子みたいになる)

シャワールーム内にある韓国マッサージにあるようなベッドの上で体を洗われ、マッサージを受ける。
その後、ベッドに移り、乳首を中心に上半身舐め→ケツ舐め→玉舐め→フェラの順に攻められ、ゴム装着後、挿入で
フィニッシュ。 ハルビン出身の子とのことで、ハルビンのことが分かるととても嬉しそうでした。
ダーリン1やリスボアの回遊魚と比べると、とても性格がよくて、明るくてよい娘でした。
プレイ終了後、休憩室に戻り、金玉マッサージを2セット受けました。(1セット 133HK$/25分)

その後、免費メニューやインターネットを楽しみながら、ショータイムを2〜3回見て、24:00過ぎ頃リスボアに戻りました。
なお、20:00か21:00頃のショータイムは浴室の客も20〜25人くらいに増えていましたが、小姐が100人以上居て
日本でそのような風景は見ることができないので、とても興奮しました。

●3日目 2006/9/24(日)

リスボアを12:00にチェックアウトし、シャトルバスでフェリー乗り場へ向かう。
フェリー乗り場内の成功旅行社でダーリン1のクーポン半券を渡し、フェリーチケットを受け取り(これが大失敗!!)
サンズのシャトルバスでサンズに行き、隣のマンダリンオリエンタルホテルでタイ料理を食べ、カジノをしました。

友人に昨日のエンペラーサウナの凄さを語ったところ、この日もエンペラーサウナで遊ぶことが決まり、サンズからフェリー
乗り場までシャトルバスで戻り、エンペラーホテル行きのシャトルバスに乗ったところ(漢字が帝豪酒店でなく英皇酒店
だったので、違う気がしたが、エンペラーと書いてあるので乗る)
嫌な予感どおり違う場所で降ろされ、10分ちょっとくらい歩いて「エンペラーサウナ」まで向かう。
現地に着いてみると、ホテルエンペラーと書いてある。
エンペラーホテルとホテルエンペラーは違うのか。。。(とても紛らわしい)
→帝濠酒店はエンペラーホテル、英皇酒店はグランドエンペラーホテルですね。

前日と同じ小姐を選択し、クーポンは既に使ってしまっているので、1610HK$を支払う。
(結果的にはクーポンを使うより安く済む)
もう1回戦どうだみたいことを言われ、OKと答えると
フロントに延長の電話をしようとしたので、+1610HK$払うのは嫌なので、友達が待ってるから駄目だと断りました。
(1セット延長で+2発OKなら払ってもよかったがそこまでの意思疎通はできず)

16:15から21:15くらいまでまったりし、隣接するホリデーインのシャトルバスに乗り、フェリーターミナルへ。
ゲートでチケットを渡すと、既に期限切れだから使えないと言われ、急いで成功旅行社に戻り、事情を説明するが
フェリーチケットの交換はできないと言われる。
自分は「エンペラーサウナ」の半券(チケット不要のスタンプが押してあったが)を渡したら、なぜかもう1枚フェリー
チケットがもらえた。(スタンプが薄くなっていて、不要という文字が見えなかったかも知れない)

フェリーが混んでいたため、22:00のフェリーには乗れず、22:30のフェリーに乗り、香港へ到着。
(友人はフェリーチケットの件で揉めていたため自分は先に出発)
香港側のフェリー乗り場にて、24:00過ぎに友人と合流し、地下鉄でホテルに向かおうとするが、既に終了していたため
タクシーで銅鑼灣のリーガルホテルへ。
ホテルにチェックイン後、街に繰り出し、足つぼマッサージ(118HK$/60min.) 激安。
(香港はこんなものなのか??)を受け、27:00過ぎ頃ホテルに戻って寝ました。

●4日目 2006/9/25(月)

飛行機が8:30発のため5:30頃起床し、銅鑼灣駅の始発地下鉄(6:04)に乗り、中環駅へ行きエアポートエクスプレス
に乗車、7:00ちょっと前頃に空港に着き、チェックインし、帰国しました。
(2時間ちょっとしか寝てないので帰りの飛行機は当然爆睡)

●まとめ

今回ホテルは取りましたが、ホテルは取らなくてもなんとかなる。その分、プレイ代にまわしたほうがいいですね。
日本語はまったく通じないので、他のスレにもあるが、中国語か英語が必須(中国語がベスト)と思い知りました。
マカオでの両替は財神酒店の向かいにある両替商がレートがよくてよかったです。
エンペラーサウナはクレジットカードで支払っても手数料は発生しないようでした。

またマカオに行くぞ♪