No.21 そうだ!マカオに行こう By P

日ごろの出張や買い物で貯まったマイレージがあったため「そうだ!マカオに行こう!」と
いう事で早速出発準備に取りかかる。
中国との仕事をする親父にマカオ行きを告げると「悪さしに行くのだろう!」と図星な事を
言われつつマカオに向けて旅立ったのでした。

1日目

13:00前に到着後、エアポートエクスプレスで九龍駅へ。そこから免費シャトルバスK3線に乗り
重慶大厦で両替。円安傾向なのでちょっと損した気分。
MTRに乗り上環の信徳中心へと向かう。
まずは酒店探し、希望は利澳酒店だったが週末でいっぱいとの事、富豪酒店に変更。
4泊で2500HKD。週末なんで高いなぁ。
携帯SIMカードも購入後クーポンを調達、今回は夜総会のみで桑拿は行き当たりばったりで
決めようと思い購入しないことに。

まず精明旅遊で天河夜総会の自由龍を購入、ここのおじさんは非常に親切。
「お勧めはどこ?」と聞くと仙楽都桑拿を進められる。
理由は「最近、大連、瀋陽の女の子がたくさん入ったよ」とのこと。
他にもイロイロ聞きました。

次に成功旅行社へ。
18:00までに購入すると中国城・利澳・富都の3夜総会茶舞チケットの買一送一キャンペーン
をやってるとのこと。
HPの情報どうりだ!と思いつつ利澳夜総会の茶舞チケットを購入。
もらったターボジェットの出発時間がギリギリだったので急いで飛び乗る。


香港島上環、信徳中心のフェリーターミナル。
旅行代理店が多数あり、フェリーチケット込みで様々なクーポンを販売している。

マカオに着後ホテルにチェックイン後周辺をブラブラ。回遊魚見学も。
そうこう歩いてるうちに汗をかいてきたので本日は至尊桑拿へ。
お客さんは自分含めて10数人。足マッサージをしてもらい免費でご飯を食べる。
その間も幾度となく顔見せをやっていたのでちらちらとチェック。
お腹も満足したところで小姐選びに。
「中国人だけにしてくれ」とリクエスト。
前に並んだのが15人くらい。
その中のスレンダーな小姐を選ぶ、聞くと温州出身だそうな。
内容は・・・可もなく不可もなくといった感じ。
終了後まったりしてから酒店に帰る。

2日目

一応観光などもする。偶然会った日本の人と情報交換。
「回遊魚が1000に上がった」との情報が。
800とは聞いてたけど1000はちょっとなぁ、、、。
この日は利澳夜総会へ。
日本人だと分かるとHPで見たマネージャーJoe氏登場。

「背が小さい子希望」と言うと2人づつ3回ほど。
その後新たなマネージャーKittyさんを紹介される。
そこから3人づづ3回。
結局、川村ひかるに激似の小姐を指名、吉林省は長春出身だそうな。
自分の中国語は仕事で行く中国東北訛りがあるので通じがいい。
一生懸命言ってること聞いてくれるので好感が持てた。
あと攻めに対しても控えめなとこがいい。
その後下班の約束も取り付けてバイバイ。

時間もあったので歩いて十八桑拿へ行く。
週末なのでいっぱい。
顔見せごとにお客が増える増える!
ソファーも座るところないんじゃないの?という盛況ぶり。
ここはサウナ温度が高いのが好きなので純粋にサウナだけで帰る。
その後、下班を今か今かと待つ。
しかしメールがあり「時間がなくなったから無理。」とドタキャンメール。
うーん、、、残念。

3日目

昨夜の疲れから昼間まで寝ている。
この日も一通り歩き回り、夜になったのを見計らって天河夜総会へ。
週末なんで多いかなぁと思うもののあっさりと部屋へ。
ここは利澳よりも部屋狭いなぁ、カラオケBOXのよう。
マネージャーの李泉氏登場、英語が堪能。
「お任せするわ!」と言うと「OK!」
10人連れてきてくれる。
選ぶのにものすごく迷う、綺麗な子から小柄な感じまで織り交ぜてくれる。
それを3回繰り返す。
これまた吉林省出身の洋洋ちゃんという子を指名。
う〜ん・・・吉林省に縁があるなぁ・・・。
なかなか教養のある子でほんのちょっと英語ができたり、自分の中国語の発音の悪い
ところをピンインで教えてくれたりとまさに先生と生徒のような感じ。(笑)
ちょっと日本語も教えてあげたりしてからまったり。

ウ〜ンウ〜ンと東北小姐にしては声がでかい。。。
果てる前に日本語で「いちばん!いちばん!」と(誰から教えてもっらたんだ!?)
ちょっと興ざめ的なものの笑顔がかわいいので○。

その後、酒店に戻り、中にある富豪皇宮殿桑拿へ。
週末だからかいっぱい、けどここはなぜかこじんまりしてホッとする。(サウナの温度は低いが)
PCを触ってると顔見せでの小姐が後ろからちょっかい。
ここの小姐はみんな笑顔、好感がもてる。
日本語が分かる小姐も数人いてしゃべりかけられる。
まったりしてるとこに昨日の利澳夜総会の小姐からメール。
「今、下班したけど会える?」
あわてて桑拿を後に、部屋に戻り着替えて電話するもののその時点で4:00
「疲れた?」と聞くと「眠い」とのこと。
無理は禁物であきらめる。
仕方なくロシアを見に行ったりして1人で軽く食事。

4日目

昼過ぎに起きてぐだぐだしてから精をつけに亀ゼリーとスッポンエキスにフカヒレ入りスープなどを
飲みに行く。
夜になってから行動開始。
まずは賓館見学、富城賓館に行くと15人は小姐がいたかな。
さすがに中にまでは入らなかったが、外のガラス越しにアイコンタクト。

そこから利澳夜総会第2戦目。
こないだ会った川村ひかる激似嬢が忘れられず指名で呼ぶ。
さぁそろそろと言う時にさすが日曜。
利澳酒店はいっぱいとのことで金域酒店に振り分けられる。
その時点で小姐の機嫌が悪い。
おまけに歩いても徒歩3分くらいだというのにタクシーを使う始末(タクシーの運転手も驚いてたよ)
向こうも慣れてきたのか機嫌が悪いのかちょっと手抜き気味。
なんかモヤモヤ感が残ったまま帰りもタクシー(!)に乗せてバイバイする。
どうも収まりがつかないので十八桑拿へ行くことに。

日曜なので客が少ない。サウナで汗をかき、上海式マッサージをみっちり。
足のペディキュアまでしてもらう。
途中顔見で韓国小姐を選ぼうかと思うものの先取りされてしまい萎えてしまう。
夜遅く起きてる習慣がついてしまい眠くない。明日は帰国日だというのに、、、。
4:30に結局はマッサージのみで後にする。

4泊5日であったがまだまだ堪能しきれてないところ。
身も心も財布も(!?)軽くなってしまったのでまた再びマカオ貯金の開始です。