No.09 2008/06/24:マカオへの新ルート By へき

大ブレーク中のマカオ、香港からマカオへの新しいアクセス手段が出来ました。

人気急上昇中のマカオ、12月の日本からマカオへの渡航者数は32,861人で、前年同月(22,026人)比+49.19%と大幅な増加を記録しました。
一般的には、上環(ションワン)にある港澳客輪埠頭(マカオフェリーターミナル・Macau Ferry Terminal)、尖沙咀(チムサーチョイ)にある
中国客運埠頭(チャイナフェリーターミナル・China Ferry Terminal)の2ヵ所からのフェリーが有名ですが、ギリギリの予約ですと満席という場合もあります。
そんな中、新しいフェリー会社が運航を開始しました。今回は、それを紹介致します。

1月20日より新しく運航を始めたのは、金光飛航(The Cotai Strip CotaiJet)です。
香港側の乗船場所は、ターボジェットと同じ上環(ションワン)にある港澳客輪埠頭。
港までの行き方や乗船方法は、こちら(HongKong Naviの特集ページ)を見てください。

ターボジェットのチケット売り場の丁度反対側に写真の売り場があります。

将来的には24時間運航の予定なのですが、今のところは日中のみ1時間に1本でのスタートです。

将来的には24時間運航の予定なのですが、今のところ日中は30分に1本、最終便は香港発が22:00
マカオ発が23:30となっています。(2008/6現在)

詳しい時間は、公式HPをご覧になってください。

金光飛航(The Cotai Strip CotaiJet) 公式HP 

香港→マカオ(平日価格/週末、祝祭日価格)

VIPキャビン(8人用):HK$1,888/HK$2,016
スーパークラス:HK$236/HK$252
エコノミークラス:HK$134/HK$146

マカオ→香港(平日価格/週末、祝祭日価格)

VIPキャビン(8人用):MOP1,952/MOP2,080
スーパークラス:MOP244/MOP260
エコノミークラス:MOP142/MOP154

このコタイジェットが、既存の船会社と大きく異なるのはマカオ側の港が全く違う点です。
他社はマカオ半島にあるフェリーターミナルを利用しますが、この船はコタイ地区に新しく出来たタイパ臨時客運碼頭(Taipa Temporary Ferry Terminal)を利用します。
1番のメリットは、宣伝不足の為、空いている事。旧正月等特別な場合を除いて、現時点では満席というケースはまずありません。
コタイ地区に到着するので、ベネチアンやタイパホテル・マカオ空港等を目的地とされる方は最短距離で移動できます。
当然ながらイミグレーションで数十分並ぶという事もありません。

 

ただ、1つ大きなデメリットは、フェリーターミナルがあくまでも臨時施設である点です。
その為、ターミナル内に、売店・観光案内所・両替所・ホテルデスクなどは、現時点では一切ありません。
その為、初マカオという方には、このルートはオススメしません。
リピーターの方のみ知る裏道と言った感じでしょうか。
将来的には、すぐ隣に恒久のターミナルを建設中なので、この問題も解決されるでしょう。

では、港からのアクセスはどうなっているか。移動手段としては、路線バス・タクシー・ホテルシャトルバスの利用となります。
全てのコタイ地区のホテルがシャトルバスを運行しているわけではありませんので、予約時確認をお忘れなく。

設備的には、まだまだの臨時ターミナルですが、マカオコタイ地区の発展に伴い、人の流れは大きく変わってくると思います。
正に建設ラッシュ中のマカオ、肌で感じてみませんか? 

住所:

上環信コ中心(即港澳碼頭)322號鋪
Shop 322, Shun Tak Centre, 200 Connaught Road, Sheung Wan, HK
Tel: 2359-9990
Fax: 2850-8813